ニキビ対策で保湿をすることは大人になると特に大事です。保湿するためには、化粧水を使って対策するのが基本です。化粧水を使って大人ニキビのための保湿対策をするためには、まず洗顔をしっかり行うことです。余計な皮脂や汚れが顔に付着している状態で化粧水を塗布したところで、有効成分が肌の奥深くに届かないからです。

洗顔が終わったところで、化粧水を手のひらに出します。ラベルなどに目安量が記載されているでしょうから、その通りに手に取りましょう。もし特別記載がないようであれば、500円玉大くらいを手に取るといいです。そして顔に塗布するのですが、まず手のひらを使って顔全体に化粧水を広げるような感じで塗ります。目の周りなどはもともと皮膚が薄くて乾燥しやすい傾向があります。そこで目の周辺は押し込むようなイメージで化粧水をなじませるといいでしょう。

ニキビのある個所は、やさしくなじませることを意識しましょう。ニキビのできている箇所は、ただでさえ肌がダメージを受けているからです。強くこするような感じで塗りこむと、それが大きな刺激になります。乾燥のひどい方は、化粧水を塗った後で保湿成分の配合されている美容液を塗りましょう。肌のコンディションを整えて、プルプルした潤いのある肌を維持できます。