ニキビというと青春時代の肌トラブルというイメージがあるでしょう。しかし大人になってからもニキビに悩まされている人も少なくありません。思春期のニキビの場合、皮脂が活発に分泌されていることが原因です。一方大人ニキビの場合、ホルモンバランスが崩れている、生活習慣の乱れなどが考えられます。中でも大きいのは、乾燥による肌バリアのダメージが原因の可能性があります。

実は大人ニキビと水分量との関係について、2013年某有名企業が調査を実施しました。画像解析技術を動員して肌の解析調査を行ったところ、大人ニキビの発生する原因は油分量よりもむしろ肌の水分量が密接に関係していることがわかりました。顔の中で部分的に水分量が減少し、部分乾燥状態に陥ることでニキビを引き起こしていることがわかりました。特に顔の中でもフェイスラインを中心に乾燥状態に陥っている人がニキビになりやすいことも、研究の結果判明しました。

一方大人ニキビに悩まされている人とニキビのない人を比較すると、顔の油分量については大きな差のないことも判明しています。もし大人ニキビに悩まされているのであれば、油分のコントロールよりはむしろ保湿対策をしっかり行ったほうがいいです。では大人ニキビ対策のために保湿をするにあたって、どのような部分に注意すればいいかについてみていきます。化粧水や美容液などを使って保湿するのが基本ですが、どのような化粧水や美容液を使うべきかについても紹介します。